[FSC by kaddey 凸(- -メ)] weblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カジタ式 F2L Training Method

N1 PDF形式(右クリックで保存)
N1 DOC形式(右クリックで保存)
あ、しまった。日本配色版作るの忘れたーーー

カジタ式のF2L練習法。
今回は「N1」の「R' F R F' R U' R2 F R F'」

1.F' U' R' U2 F R U R2 F' R U R U' Fという「仕込みスクランブル」で崩してやる
2.背面のB1を「R2 U’ R’2 U’ R2 U’2 R2」で処理
3.手前にきたN1を「R' F R F' R U' R2 F R F'」で処理
4.間違ってなかったら残りのF2LとOLLはスキップ、PLLへ
5.PLLは任意の手順で。

これを繰り返すだけです。
ポイントは、「いきなり練習したいF2Lの状態にしない」事。
今回は、B1手順を回した後に、練習したいN1が来るように仕込んであります。
キューブが止まった状態から回すだけの練習より実戦に近い練習となるのです。

新しい手順を覚えた時って、「あれ、どうだっけ…」って手が止まっちゃうでしょ。
手が止まる→無理矢理思い出す、これも一つの練習だと思いますが、これなんかも練習の時点でやっちゃうわけです。

慣れてくると当然、次に何が来るのかわかっていて心の準備はできていますが、回しながら「先読み」「事前パーツ位置確認」を意識します。
手順によっては、とにかく早く反応速く処理、を心がけるものもあるかもしれません。

今回、OLLをスキップするように作ってあるのは、手順が合っているかを確認する為です。
F2Lが完成したけどOLLがスキップしなかったら別手順を回してます。(もしかしたら新手順発掘!?)

PLLもスキップさせてやってもよいのですが、スクランブル状態にいくつかヴァリエーションをもたせる意味や、苦手なPLLをできるだけ練習してみよう、なんて意味があります。




手順ってのは逆からを回してやると、のぞんだ状態にできるわけですが。
その作業ってとてもつまらない、私はそう感じます。

OLLは、セットで覚える練習方法がありますよね。
例えばOLL24「R' F' R B' R' F R B」を回したらOLL25になるので「B' R' F' R B R' F R」で戻す、みたいな。
例えの手順例が古すぎるぞ

それから、OLLは同じ手順を回し続けていたら、わりとすぐに元に戻ります。
私は勝手に「OLL循環」と呼んでいます。
OLL14「R' F R U R' F' R F U' F'」なんかは循環するのが短くて、プレーンの状態から2回この手順を回してやると、OLL14の状態になります。つまり3回で元のプレーンな状態に戻ります。
循環は長いものでも10回くらい。OLLが次々に変わっていく姿を確認しながら手で覚えこんでしまう方法で私は多くのOLLを覚えました。

PLLの循環については、言わずもがな。いや、簡単に循環し過ぎて面白くないとも言えますが。



この方法、2009年の春頃には思いついていた練習方法。(もう少し前かも)
ただ、自分自身は継続的なキューブの練習をやめてしまっています。

本当はぽちこさんをお願いし倒して、「週に2~3手順を3ヶ月ほど練習」していただきたかったのです。
当時のぽちこさんはアベレージで1分程度であられたと思うのですが、恐らく10~15秒は軽く縮むだろうと思いました。


公開しなかった理由は複数
・そもそも自分のモチベーションが低下し過ぎている
・というか、他にこんな事してる奴いるだろう
・私レベルの人間が「仕込んだ」F2Lって練習になるんだろうか、私レベルの知識では「仕込める」手順に限界ありすぎ…
・画像は自前で用意したかった(プラネットパズルさんに置いてあるGIF画像を加工させていただきました
 →HPに、「画像は自分で製作しておりますので著作権を全て放棄」と宣言してあったので
・そもそも、この手順って誰から教わったものだっけ?
 →takafumiさん、nakajiさん、suraimuさん、最近ではjunさん、、、そしてtwitterにて諸キューバーの皆様方
・てか、練習の仕込みに手間かかり過ぎ
・なんか他にも理由あったけど忘れた



以前のように、定例会や大会にどんどん参加したい、いつかまた、大会の運営に携わりたい。
そう思っています。
しかし現実には、、、当分は無理です。
受け入れがたく、何とかしようと思案したのですが心が苦しくなるばかり。

ここはオビ=ワン・ケノービのように隠遁生活をし、修行を積もうではありませんか。
皆さん、またどこかでお会いしましょう。
ネット上にはいつでも居ますから。
  1. 2011/12/08(木) 00:34:48|
  2. 手順 F2L
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<カジタ式 F2L K2(ガムシャラ系) | ホーム | PILOT ノック加圧ボールペン ダウンフォース>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaddey.blog108.fc2.com/tb.php/55-6725f022
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カジタ式 F2L Training Method F2

思うところが色々とあるのですが、とりあえずすすめてみます。 なんせ、人のふんどしで相撲をとってる気分といいますか、もしかして色々な方に不快な思いをさせてしまっているのではないかと心配です。 前...
  1. 2011/12/13(火) 23:55:53 |
  2. [FSC by kaddey 凸(- -メ)] weblog

プロフィール

kaddey∞

Author:kaddey∞
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (39)
雑記 (12)
手順 F2L (6)
文房具 (3)
キューブ (3)
手順 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。